FC2ブログ

遥美沙樹:界

アナル開発研究家、オスガズムの先生こと遥美沙樹のオフィシャルブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Life is worth living.

市川海老蔵さんが、かつてのショコタン並みにブログを更新してらっしゃり、
やはりのアクセス1位を保持しているようですが、
相も変わらずTwitterばっかりでブログの更新が疎かで申し訳ない(鼻ほじ

まずはAVのご紹介から。
今回は多いよ←溜め込んでいたともいう。

mdjm002pl
FEVER JUICY MATSUTAKE 残酷 新型オヤジ狩り by JKB69 vol.2



前作の続編ですが、ここから観てもドラマは理解出来ると思います。
こっちの方が出演割合が多いかもしれません。
今回のオヤジは、比較的素直なアナルではあったのですが、
ガチの金蹴りとかされてて、かなり股間に熱いものを感じる作品かもしれません(笑)。

女性を本気で怒らせたらホントに怖いよ(´-`).。oO

複数の女性達に翻弄され、泣いても懇願しても許してもらえない、
そんな状況に憧れるあなたへ♡



mdlj001pl
 妹はロリ女王様 芹沢つむぎ


こちらは謎の調教師として出演。
この時、初めて芹沢つむぎちゃんにお会いしたんですが・・・
この人、ホントに女優だなって感じました。
この作品の中で3世代を演じています。お見事!
性に取り憑かれた麗しき妹をもった兄の混乱がよく出ていると思います。
背徳臭がないと萌えない私のようなタイプにはピッタリの作品(笑)。


 h_175dnin003sopl
残酷猟奇性拷問.忍 号泣の女捜査官 Vol.3 水原薫子


ベイビーエンターテイメントの作品ですので、
私は出演ではなく、縛り係として参加しました。

この作品からベイビーレーベルに参加させて頂いたわけですが・・・
もう、次から次からマ●コばっかり責めまくるわ、
モニターを見ている監督の目は逝っちゃってるわ、
どこからが演技で、どこからが本気なのか境目が全く解らない女優さんだしで、
私が混乱気味に(笑)。


すぐ慣れましたけど(^-^≡^-^)


女優さんの身体に痕が付かないようにと、緩めに縛ると、
激しい抵抗によって無残に崩れるという、
なんとも縄師泣かせの現場(笑)。

その辺り、モニター横で見ていた私が白目だったことを想像して、
ご覧ください(笑)。


h_175dlit001sopl
 淫惨幼艶破壊 (ロ●ータ・ドロップ・オーガズム) No.1 悶虐→妹哭き 芹沢つむぎ


これは前述の作品と繋がっています。
上京して突如変わってしまった妹に何があったのか、
こちらで説明が為されています。
もちろん、これだけ観ても楽しめます。

私は縛り係として全編参加。
華奢なつむぎちゃんに6mmの朱縄は太かったー(^-^≡^-^)

この作品は、いろんな意味で忘れられない作品になると思います。
私にとっては。
その、あまりの迫力にスタッフ、演者すべてを引き込んだ女優・芹沢つむぎ。
監督がカットをかけるタイミングを躊躇してしまった部分がありました。
その時、私は照明後ろで大泣き。

女の受け皿は、底なしなんだろうか・・・・・。

 
女性にもぜひ観て欲しい作品です。
彼女はまだ22才。
22才の女性が、大海の如く男達の業を受け容れていく様を、
ぜひご覧ください。


 
h_175dhyp001sopl
 HYPER DELICIOUS AWABI DIFFERENT PART-01
残虐淫堕!麗しき男装の女刑事 ~女に生まれてきた事を後悔する日~ 竹内美緒


これは縛り係とアナル師で参加。
私の腕だけが出ております(笑)。
ポルチオ師との夢の共演を果たしております。
美緒ちゃんの2つの穴で(笑)。

とても感じやすいアナルをお持ちの美緒ちゃん。
やりやすかったです~楽しかったです~(っ´∀`c)
女性のアナルでガチの潮を噴かせたのは久しぶり。
膣よりアナルが感じるという美緒ちゃんの、
本気っぷりをぜひお楽しみください。
もちろん縛りも全部担当しております。


++++++++++++++++++++++++++++++++

AV業界に於いて、
女性の縛師は本当に珍しく、
女優さんたちにもよく言われるのですが、
女性ならではというのは、正直あまり意識はしておらず、
むしろ勉強させて頂いているという感が否めません。


面白いよね、作品を作るって。
そして人のココロの動きや、空間を制する者の真意も。

ちょっと斜めに見ているのかもしれないけれど(笑)。


 一番興味深いのは、
女優さんの表情がどんどん変わっていくところでしょうか。
明らかに、女性が女に変わっていく。
時として母にもなったりする。
それは、「お母さん」の母のレベルではなく、
マザーガイアレベルの母。
全部呑み込んでしまうんじゃないかー
そんな錯覚さえ感じる事があります。


そんな母に一番会いたがっている人が、
これらの作品を手にするのかなぁと思ったりします。


 

| メディア一覧 | 11:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://harukamisakixxx.blog.fc2.com/tb.php/61-35162611

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT