FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I'll continue to pursue my sensuality.

01

「たまに無性に縛りたくなったりしないんですか?」



彼は言った。
私から自分が想定した言葉が出ることを期待して。



「ないね。」



私は言った。
それは、なんの意識もせずに。


02

彼は少々ショックだったのだろう。
それ以上の言葉はなかった。



私は続ける。
「直接的な官能にもうなんの興味もない。」
「着衣のまま、内蔵を鷲掴みにされるような、そんな官能が欲しいの。」



03

彼は自分が理解できない事を悟ると、
何事もなかったかのように話題を変えようとする。


そうはさせない。


04

「緊縛だってSMだって、
こんな直接的なものではないというのが私の理念なの。」

「『縛られた。興奮する。』では、
私は興奮しない。」


05

「私は、私のエロを追求したいの。」




評価されたいとか、
賛同されたいとか、
もう、どうでもいい。


私は、私のエロを追求する。
ただ、それだけ。


自分を見失って、
様子がおかしくなっている事にさえ蓋をして、
前だけを見ようと必死になるのは、
もう、止めた。








コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遥美沙樹

Author:遥美沙樹
セクシュアリティ研究家、カウンセラー。主に男性の中の女性性覚醒専門。真のエロとは自分の中の異性性を認めるところから始まるを理念とし日々、人体の未知なるエクスタシーを研究中。AZOTH所長、東京アナルクリニックTABOU監修、オスガズムの先生など。
ホームページはこちら
Twitterはこちら
noteはこちら

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。