FC2ブログ

記事一覧

I have been confronted with loneliness.



これ、私は実に懐かしい曲なんです。
(ガラケーから見ている方、すみませんね。)
この曲が流行っていた頃、
私はクラブ歌手で、札幌ススキノを毎日疾走していました(笑)。

最高で1日8ステージをこなしていたので、
喉と体調管理に明け暮れる・・・・わけはなく(笑)。
当時の私はそういった事にまったく無頓着で、
タバコは1日40本吸うし、お酒も毎日朝まで飲んでいました。

それは、ココロが病んでいたから。


今ならハッキリ言えますね。
私は病んでいた。


どうしようもない孤独から、
好きでもない人と同棲したりもしましたっけ。
タブーとされた人とSEXしたりもしましたっけ。
SMをハッキリ憶えたのもこの頃。
私を仕込んだ男が居たわけです。


歌い手って女優と同じところがあって、
その数分の曲の中で、その曲の主人公になる事が重要なんですが、
私は役抜けがなかなか出来ないタチで、
当時、また最悪なことにマイナーコードの、
男を追いかける女の歌が多かったわけです。
そうするとエブリデイそのモードなわけです。


元々、恋愛はゲームだと思い込んでいた20代の頃、
酒の力とハスキーな歌唱力で堕ちなかった男は居ませんでしたが、
その裏で、壮絶な孤独と向き合っていた時代・・・。


今また、
この曲を聴きたくなってi-tunesでDLしたりしていますが、
やっぱり少し孤独なのかもしれません。


でも、孤独だと言えるようになった事は、
私にとって、とても成長したなと感じることでもあるのです。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遥美沙樹

Author:遥美沙樹
セクシュアリティ研究家、カウンセラー。主に男性の中の女性性覚醒専門。真のエロとは自分の中の異性性を認めるところから始まるを理念とし日々、人体の未知なるエクスタシーを研究中。AZOTH所長、東京アナルクリニックTABOU監修、オスガズムの先生など。
ホームページはこちら
Twitterはこちら
noteはこちら

検索フォーム

QRコード

QR