FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I am a Sniper

2012.04.27の日記より

ジェネレーション・ギャップ

これを感じる場面は少なくないと思うのですが、
特にSEXや性行為に対しても、
これを感じることが希にあります。

私の知人は、
オーラが割れると知っていながら飲酒する強者ですが(笑)、
彼女は異性と飲むと、必ず締めにホテルへ行くのだそうです。
しかも 「じゃ、ホテルいこっか!」 とアッサリと。

これって、いつかの時代の「締めのラーメン」のノリですよね(笑)。


そこになんのドラマもなく、
まるで寝る前のストレッチのようにSEXをする。
そこに一時でも愛があるかどうかはさておき、
私には真似できないわーと思いながら話を聞いていました。
しかしそれも、世代の違いと私は解釈しています。
なので否定もしない。


ゲームは、
始まった時から、クライマックスまでが面白いのであって、
いきなり攻略本を読みながら始めるのは好きじゃないというのが私の持論。


どうやってこのオトコを仕留めようか・・・・。


そのために、脳みそをフル回転させ、
気がつけばこの手中に収めている。
簡単に堕ちる場合もあれば、逃がす場合もある。
だからこそ面白い。


結果は前述と同じでも、
シチュエーションが違うから燃え方が違う。
この一夜が特別で、後にも先にもないと思えるかどうか、
はたまた排泄のように、明日を迎えるためのものにするかどうか、
すべては・・・
経緯が大切なのだと私は思う。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遥美沙樹

Author:遥美沙樹
セクシュアリティ研究家、カウンセラー。主に男性の中の女性性覚醒専門。真のエロとは自分の中の異性性を認めるところから始まるを理念とし日々、人体の未知なるエクスタシーを研究中。AZOTH所長、東京アナルクリニックTABOU監修、オスガズムの先生など。
ホームページはこちら
Twitterはこちら
noteはこちら

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。