FC2ブログ

記事一覧

The Golden Ass And Rectum

2012.01.25の日記より

それは数年前の夏の暑い盛り、
一通のメールが運んできたものでした。


「私のパートナーを喜ばせるために、私のアナルを開発してくれませんか?」


別段、問題はない内容に感じたも束の間、
彼はいわゆるセクシャル・マイノリティだったのでした。
つまりは、ゲイ(同性愛者)。

私としては全く問題がなかったので、
快く承諾し、セッションに至ったのですが、
彼の想いは、私の想像を遙かに超えていたのでした。


つまりは、
彼は自分のアナルを名器にしたいという・・・・・。



ゲイで受け身と自覚した以上、
できる限りのことをしてパートナーを喜ばせたい。
そのためならどんなことでもする。


彼の想いは本当に一途でした。


開発は朝飯前だった私でも、
名器を作るというのは初の試みだったので、
彼の身体を実験台とさせてもらいながら、あらゆる試行錯誤を繰り返し、
完成に至ったのでした。

直腸内の表面をザラザラにすることは不可能でも、
吸引力は肉体の癖なので、これはどうにか出来る。
その癖を開発同様、肉体に直接教え込んでいけば良いだけだと解ったのです。


いわゆる「たこつぼ」のできあがりです。



その後、彼のパートナーシップは円満幸せだったかというと・・・
あまりの名器っぷりに一時期その世界が騒然となり、
あれれー?(・◇・;な状態に。。。
まぁ、きっと今もあの淫乱尻を持て余しているのだろうなと察します(笑)。



名器となると、
もはや自己制御が難しい状況になるかもしれません。
淫乱ならぬ淫尻になってしまうので、ちょっと覚悟が必要なのかも(笑)。

遠く遠く、果てしない快楽を望む方、
ぜひお試しください。
「アナル研究室」にて、「名器部・準備室」が出来ました。

久しぶりの現役復帰に、
ちょっとテンションが上がっております(´ェ`*)
皆様にお会いできることを、楽しみにしております。

【詳細】メルマガの後半より
http://anakenblog.blog137.fc2.com/blog-entry-148.html

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

遥美沙樹

Author:遥美沙樹
セクシュアリティ研究家、カウンセラー。主に男性の中の女性性覚醒専門。真のエロとは自分の中の異性性を認めるところから始まるを理念とし日々、人体の未知なるエクスタシーを研究中。AZOTH所長、東京アナルクリニックTABOU監修、オスガズムの先生など。
ホームページはこちら
Twitterはこちら
noteはこちら

検索フォーム

QRコード

QR