FC2ブログ

遥美沙樹:界

アナル開発研究家、オスガズムの先生こと遥美沙樹のオフィシャルブログです。

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

I'm strange or crazy.

-2011年11月30日の日記より抜粋-
私は現在、SM界から手をひいて、
スピリチュアルな仕事をしているのは周知の事実だと思いますが、
しかしスピリチュアルでセクシャルな領域を活性化しようとも思っているので、
結局は性産業の世界も切れないで居ます。

私がオリジナルで提案しているメソッドの中で、
「セクシャルライフ・セミナー」というものがあって、
個々の性へのブロックを取っ払っていこうという主旨なのですが・・・


やはりね、
なかなか私の価値観についてこれる方が居ないようで、
いかに自分がぶっ飛んだヤツなのかを痛感する今日のこの頃です。


たまたま今日、
同期の異性と話していて、
彼はかなり許容範囲が広い方だと思うのですが、
それでもどん引きされたであろう話を書いてみようと思います。



私はいわゆる「操を立てる」という感覚がわかりません。


結婚しているからとか、恋人か居るからとか、
友達だからとか、そういう概念で貞操を守るという理屈が解らないのです。


好きだと思った、ステキだと思った。
それのどこがいけないのか・・・・。
その後、どんな事態になろうとも(形容詞多発注意報。笑。)、
別にどうでも良いんじゃないかと。


もちろん、そういった関係になった場合、
これまで通りの関係では居られないでしょうが、
それはもっと深い関係性になっただけであって、
互いのプライバシーの領域に浸食していくものではなく、
セフレともまた違う、友達以上、恋人未満という、
男女間での「友達」という関係性では、一番親しい領域になっただけであり、
互いを深いところから尊敬し合えるようになるし、
むしろ、そういった関係で居られることは、
素晴らしいことと感じているのですが・・・


これが・・・・。
どうも理解されない。


そしてそんな間柄の「友達」が、
何人も居ることは、もっと理解されない・・・・・。



同じ男女間で永遠にSEXなんてしていられない事は理解されても、
これはダメって方が多いよう、
いや、殆どなんですね。



なので、私のパートナーになる方でさえ、
これを理解してもらえなかったわけです。
まぁ、今度はそれを理解できる人と出会おうと思いますが(笑)。



相手が夫であれ妻であれ、恋人であれ、
私は恋をすることを推奨しています。
自分の中のパッションを絶やさずにいられるのなら、
これには該当しないでしょうが。


パッションは全ての原動力です。
それが失われたら、アタマの上にはモヤがかかり、
なにもやる気になれず、何がしたいのかも解らなくなります。


そのパッションの火を絶やさないために、
最も効率的なのが恋だと思うのですね。


だからって、やり過ぎだと言われる方も居ますが、
私は、人を縛りたくないのです。
(いやいや、緊縛では縛ってますがね・・・^^;)
夫だからとか、恋人だからとか、友達だからとか、
そういうもので相手を縛りたくない。

もしもそこに嫉妬が生まれたのなら、
それこそ自分への学びです。
何故嫉妬が起きるのか、自分を苦しめる根源はなんなのか、
本当に愛しているなら何故、相手の全てを愛せないのかと自分に問います。
もうそんな学びを何度も何度もしてきたのですけどね。
でも未だにその学びは続いていますけど(笑)。


これは私が強いわけではなく、
それと引き替えにした結果だと感じています。
私は、人を根底から愛したいから。
そのための学び。


ただ、相手にパートナーが居る場合は、
行動は慎重にします(^-^;
要らぬ争いは起こしたくないので(笑)。


しかし理解されないというのは、とっても寂しいものです(;д;)
この価値観についてこれる人がどれだけいるか、
解る方はぜひメールくださいませね♪

| アーカイブ(~2014) | 03:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |