FC2ブログ

遥美沙樹:界

アナル開発研究家、オスガズムの先生こと遥美沙樹のオフィシャルブログです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

遥美沙樹でございます。

011z

遥 美沙樹(はるか みさき)
 

1999年よりSM業界に入る。
自分の身体を以て体感し、体得するのが常とされた時代、
プライベートで緊縛師、調教師などから、
あらゆる技法を学ぶ。
後に出会った変態諸氏から人体の面白さを知り、
アナル開発・拡張の研究に没頭していく。


その結果、
男性でありながら女性の絶頂サイクルを体得できる、
独自のアナル開発を完成させた。
これによって射精を伴わない絶頂感を、
何度も何度も行える体質に変化させることに成功させた。


また男性の直腸内には10カ所の全く別感覚の性感帯があり、
それらを意図的に開発出来る技術、
また女性器の「名器」と呼ばれるタコツボの特性を、
男性の直腸内に記憶させ、
まさに名器を意図的に開発出来る技術を持ち得ている。


当時からプレイスタイルは異を放っており、
「女王様」と呼ばせず、「奴隷」と扱わない、
5:5の対峙型を好んでいる。


驚異のリピーター率を記録し続け、
既に10000人以上の男女とのセッション歴があり、
7000人以上の男性のアナルを開発完了させている。


■経歴


1999年
東京都豊島区大塚 Club Dull に入店。
同時期に姉妹店であるA.N.A.C(オールニッポンアナルクラブ)に入店。
当時では異例のリピーター率を誇るNo.1の位置をキープ。
自身で開設したHPは、当時では稀少なM男のプレイ画像を毎日掲載し、
1日20.000HIT超の観覧者数があった。
 

2000年
三和出版「お尻倶楽部」にコラム執筆
 

2003年
アロマ企画「ギチギチに超拘束されて犯されたい」に出演。
この時期より緊縛師としての仕事が増えていく。
有料配信サイト「縄部屋」「穴部屋」を開設。
会員数500人以上を上回った。
 

2004年
東京都豊島区目白 Purple Moon に入店。
当時SMサークルだった同店がSM倶楽部としての立ち上げに関わった。
この頃から後輩の指導にあたる。
楓響(現Pink Cristal)、薫(六本木Dolce、D)、棗(SMパフォーマー)などが居た。
 

同年
SMポータルサイト「SMスキッパー」にコラム執筆。
 

同年
東京都豊島区池袋 医療プレイ専門店Kに入店。
更なる技術と知識を求めての入店。
医療器具の取扱と泌尿器に魅了される。
 

2006年
結婚のためにプレイヤー休業。
緊縛講師のみの活動を続ける。
 

2008年
現役復帰。
自身のSMサークル「縄とアナルの教室」を主宰。
 

同年
有料サイト KINBAKU.JPにエントリー。
緊縛師として再び活躍。
 

2009年
東京都新宿にてSMクラブACIDを設立。
 

同年
緊縛写真家・杉浦則夫氏の「緊縛桟敷」にて緊縛担当
 

同年
三和出版「マニア倶楽部」にて緊縛担当
 

2010年
縄とアナルの教室を風俗店にするために名称を「アナ研」に変更し設立。

同年
在籍ミストレスたちの出演DVDに携わる。(監修・脚本・演出)
 

2011年
予てより行っていた緊縛教室の拡大版を六本木バロックで開催。
 

同年
オーナー権限を第三者に譲渡し、講師のみの活躍になる。
 

2012年
他店のミストレス、一般の女性達への技術指導を始めると同時に、
これまで監修していたMYRRH、アナ研から一切退く。
 

同年
名古屋WISEの葵嬢の出演DVDの監修。
 

2013年
名古屋WISEの緊縛を指導。
 

同年
AVメーカーMotheRsに参加。
 

同年
AVメーカーBaby Entertamentに縛師として参加。
 

同年
美少年出版社に参加。
 

同年
アナル研究室(通称・アナ研)に復帰。
 

同年
アナル研究室のリニューアルに協力。講師兼プレーヤーとして在籍。
 

2014年
SPA3.11号にアナル開発の特集掲載、インタビューを受ける。
 

同年
スポニチ紙面にて2週にわたりアナル開発のインタビューを受ける。

2015年
MotheRs作品「オスガズム」シリーズ11作連続出演・監修

同年
オスビッチ研究所設立

2016年
東京アナルクリニック”TABOU”設立

現在は緊縛はセクシー女優との仕事と、
アナル開発上で必要に応じて対応している。



 

| 遥美沙樹 | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |